一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

             

2015526

(一財)日本船舶技術研究協会

 

船舶ビッグデータの活用促進に関する国際セミナー

~海事関連ビジネスチャンスの獲得・拡大に向けて~

参加者募集のお知らせ

 

近年、船内LAN規格が整備されるとともに、船陸間ブロードバンド通信も急速に普及・低価格化が進みつつあるなか、船舶運航と情報通信技術(ICT)との組み合わせは、今後の船舶技術革新の極めて重要な分野であり、各国海事産業の競争力を左右することは確実な状況となっております。

そのため、一般財団法人日本船舶技術研究協会では、日本財団の助成を受け、船舶ビッグデータを活用した海事産業の国際競争力強化を目的に、海運・造船・舶用工業・ICT関連企業等の関係者からなる「船舶ビッグデータを活用した海事産業の国際競争力強化検討委員会(今津隼馬委員長:東京海洋大学名誉教授)」及び「先進安全運航システム構築ワーキンググループ(福戸淳司主査:国立研究開発法人海上技術安全研究所運航・物流系上席研究員)」を設置して多方面から検討を重ねることにより、今後、我が国海事産業が注力すべき船舶ビッグデータ活用分野や技術を特定するとともに、その具体的な開発目標や工程を明示した戦略工程表を策定しました。

今回の標記国際セミナーは、下記のプログラムのとおり、船舶ビッグデータ関連インフラの最新動向、国内外における船舶ビッグデータを活用した最先端の取り組み、さらには弊会事業で策定した戦略工程表の策定経緯・概要等につき、ご紹介・ご説明することにより、セミナー参加者の皆様に、今後の船舶ビッグデータの活用促進を図り、もって海事関連ビジネスチャンスの獲得・拡大へと繋げて戴くための一助となることを目的として開催致します。

海事関係者のみならず、ICT関係者など様々な方々のご参加をお待ち申し上げております。

 

 

1.日時

平成27年6月24日(水) 14:00~18:00(開場13:30)

2.場所

海運クラブ2階ホール(案内図

〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目6番4号海運ビル

3.主催

(一財)日本船舶技術研究協会

4.後援

国土交通省

5.協賛

日本船主協会、日本造船工業会、日本舶用工業会

6.言語

日英同時通訳

7.参加費

無料(※事前登録必要)

8.事前登録

参加申込書をご利用の上、6月10日(水)までに、rdu@jstra.jp宛メールにてお申込み下さい。なお、メール本文に参加申込に必要な事項を記載いただき送信いただいても結構です。(※定員150名、原則先着順)

9.問合せ先

(一財)日本船舶技術研究協会研究開発ユニット 杉山、安本

TEL:03-5575-6428、FAX:03-5114-8941、E-mail:rdu@jstra.jp

 

船舶ビッグデータの活用促進に関する国際セミナー

~海事関連ビジネスチャンスの獲得・拡大に向けて~

プログラム

 

 

13:30

受付・開場

14:00~14:05

開会挨拶

 愛川展功・船技協理事長

14:05~14:20

基調講演 船舶ビッグデータ活用の重要性と今後の展望

坂下広朗・国土交通省 大臣官房 技術審議官(海事局担当)

14:20~14:45*

講演1 海上ブロードバンド・通信インフラの現状と将来

村田哲也・日本無線株式会社ソリューション機器事業部 海外ソリューション技術部 副参与

14:45~15:25*

講演2:MUNIN:自律船テストベッドにおける最新の成果

ハンス・クリストフ・ブルマイスター

フラウンホーファー研究機構 海洋ロジスティクス・サービスセンター

海上交通・海事ソリューションズグループマネージャー

15:25~16:05*

講演3 ReVolt:低炭素かつ情報通信技術を活用した海運の将来

ビョルン・ヨハン・ヴァルトダル

DNV GL 戦略的研究イノベーション部門 海上輸送プログラムディレクター

16:05~16:15

休憩(コーヒーブレイク)

16:15~16:55*

講演4 海事分野における情報共有:EfficienSea 2プロジェクトのビジョン

トーマス・スティーン・クリステンセン

デンマーク海事庁 EfficienSea 2プロジェクトマネージャー

16:55~17:25*

講演5 船舶IoTへの取り組み -データ活用と標準化-

安藤英幸・株式会社MTI 船舶技術部門 部門長

17:25~17:40*

講演6 機関状態監視におけるビッグデータの活用

永留隆司・一般財団法人 日本海事協会 テクニカルサービス部 部長

17:40~17:55*

講演7 船舶ビッグデータ活用のための戦略的取り組みの方向性

福戸淳司・国立研究開発法人 海上技術安全研究所 運航・物流系 上席研究員

17:55~18:00

閉会挨拶

 田中護史・船技協専務理事

* 質疑応答を含む

 

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー