概要

【事業の基本方針】

我が国船舶産業(造船業及びこれを支える舶用工業)・海運業は、厳しい国際競争の中で世界の中核の座を維持しているものの、昨今の船腹過剰や建造設備過剰による過当競争のなかで更なる競争力強化が求められており、これまで以上に我が国の技術力を生かした戦略的対応が必要となっています。

このため、本協会は、海事分野における国際基準・規格に関し、研究開発と一体的な視野から戦略を構築し、我が国の技術力を背景とした効率的・機動的対応を図るとともに、研究開発に関し、業界のニーズに応じた課題に取り組むことによって、我が国の国際競争力の強化に繋げるとともに、国際社会の安全確保・環境保全にも貢献して参ります。

これらの事業は、海運・船舶産業等の「産」、大学・研究機関・学会等の「学」及び検査機関を含む行政機関等の「官」の相互連携を図り推進して参ります。

【船舶技術に関する戦略の策定】

日本船舶技術研究協会では、造船、海運、舶用工業、大学、研究機関、学会、船舶検査機関、官公庁等の関係者の参画を得た船舶技術戦略委員会(委員長:谷口友一氏)を設置し、研究開発及び基準・規格への対応を一体的にとらえた戦略を策定するとともに、そのフォローアップを行っています。