プラットホーム(役割)

【日本船舶技術研究協会の役割】

日本船舶技術研究協会は、荷主・海運・造船・舶用工業の、 また、産・学・官の連携の場(プラットフォーム)としての機能を持ちます。
海運、造船、舶用工業、大学、研究機関、学会、船舶検査機関、官公庁等の関係者の参画を得て、
船舶技術に関する諸問題についての共通認識を深めるとともに、基準・規格・研究開発に関する事業を実施することが、われわれ日本船舶技術研究協会の大きな役割です。
プラットホーム(役割)