一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 

ISO/TC 8/SC 11/WG 7(電子ログブック作業委員会)

マルメ会合の概要を掲載しました

2017 年1 月12 日~13 日にスウェーデン/マルメ(世界海事大学Room A328)において、第1 回ISO/TC8/SC11/WG7 会議が開催されました。

1) 電子ログブック(ISO21745)の名称をPPR 文書(PPR4/16)で用いられているElectronic RecordBook に変更しました(旧名称:Electronic Logbooks)。

2) 第 1 次WD 案は、電子ログブックの試験規格として取り纏めることとしました。詳細記載については今回会合で作成した章立てとPPR4 審議結果を考慮し、TC8/SC11/WG7 コンビーナが案を作成します。詳細規定の作成にはNAPA が協力をすることとします。IEC62288(ディスプレイ)を引用規格とします。

3) Human machine interface の試験としてIEC60945 を引用します。

4) インタフェースはIEC61162 Series に拠ることとします。

5) 船陸間通信及び電子認証はオプション(参考)として記載します。

6) データのBack up(IMO 要求事項で必須)に関しては、Readability が有ればよいこととしました(PDF 文書としての出力は必須とはしません)。

7) この ISO 規格案のRBAC (Role Based Access Control)はID とPassword で管理します。

 

今次会合での討議結果等、この会議の詳細につきましては、当会会員専用ホームページ(https://www.jstra.jp/member/)をご参照ください。

 

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー