一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

第 3 回 ISO/TC8/SC2/JWG1
(海洋環境保護分科委員会/水中音響合同作業委員会)
チャーロッテンルンド会議



 ISO/TC8/SC2 は、ISO/TC43/SC3(水中音響)との合同JWG1 において、船舶が放射する
水中音の測定方法のISO 規格を、ISO 16554 として開発して来ました。TC8/SC2 は2013 年に、
本件に関する第2 回目のDIS 投票を2012 年5 月に終了し、その結果を今年6 月にオスロに
て開催したJWG1 及びSC2 会議で検討し、第3 回目のDIS 投票に出すことに合意し、その
ためのDIS-3 文書をJWG1 チャーロッテンルンド会議で検討して仕上げることに合意しました。
 

 この度の JWG1 チャーロッテン会議には6 カ国(デンマーク、ドイツ、日本、オランダ、
英国、米国)から専門家9 名が参加しました(その内、米国の2 名はWebEx による参加)。
日本(日本船舶技術研究協会)からは、TC8/SC2/JWG1 のコンベナーである一般財団法
人日本舶用品検定協会 吉田公一氏及び東海大学教授 修理英幸氏が出席しました。


 今次チャーロッテンルンド会議では、第 3 次DIS 投票のための国際規格案 DIS-3 16554
を、各国意見を取り入れて各国が賛成できる形で仕上げました。この文書は、早々にSC2 事務
局からISO 中央事務局へ提出し、第3 次DIS 投票(期間2 カ月)に出し、2014 年初頭には
その結果を得て、2014 年前半には発行する見込みです。


 同会議は、船舶が水中に発信する音の浅い海における測定方法に関しては、ISO/TC8/SC2とTC43/SC3 議長の合意に基づいて、TS43/SC3 の所管の規格とすることに合意し、引き続きJWG1 において作成を進めることに合意しました。


次回の JWG1 会議は、ISO/TC43/SC3 総会とともにオランダ・デルフトのオランダ規格協
会において、2014 年6 月初頭に開催することとなり、浅い海における測定方法について、
集中審議することとなりました。

 

この会議の詳細につきましては、会員専用ページ(https://www.jstra.jp/member/)をご覧ください。

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー