一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 
AISの効果的な活用について

近年、陸上における情報通信技術の海上への導入による安全性や効率の向上が求められており、国際海事機関(IMO)を中心に、e-Navigation戦略が策定され、これに基づいた各種支援サービスの提供が検討されております。この中では、船舶に搭載される航海支援装置の他、船船間あるいは船陸間での通信による新しい支援が考えられており、この中で、船舶自動識別装置(AIS)はその中核となる技術として位置づけられております。
AISは、導入当初の設定の不備に基づく誤った情報から、その信頼性が疑われたこともありましたが、設定の適正化の努力とAISに対する理解により、有効に利用されるようになっております。
また、AISは、より多くの船舶が導入することにより、その有効性は飛躍的に向上いたします。このため、多くの船員の方にAISの利点や使用方法、注意点を理解していただき、多くの船にAISを設置していただけるよう、AISに関する啓蒙活動が必要であると考えました。
そこで、AISに関する理解を深め、さらなるAIS搭載の拡大の一助とするため、AISと効果的な利用法について解説することを目的に、ホームページを作成いたしました。
このホームページでは、まず、AISの概要、中大型船でのAISの活用、小型船でのAISの活用について解説し、次に、AISを理解するための参考として、AISの来歴と今後の展望について説明しております。
 
 

※本作業は日本財団助成事業である「2009年度 e-Navigation戦略の実施に関する調査研究(e-Navプロジェクト」において実施したものです。
 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー