一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 

SEA JAPAN 2008

「日本船舶技術研究協会プレゼンテーション」の開催報告

 

東京ビッグサイトで開催されたSEA JAPAN 2008において、2008 4 11日(金)に特別企画として SEA JAPAN展示会場内 セミナー会場Bにて、"日本船舶技術研究協会プレゼンテーション"を開催いたしました。

 

 

  船技協・田中グループ長のからの     「プレゼンテーション会場風景」

 船技協の活動についての紹介

 

    

船技協での活動紹介に続き、現在、船技協で取り組んでいる代表的な研究開発/調査研究プロジェクトを中心に研究開発状況等についてプレゼンテーションを行いました。

当日は、開会前より多くの方々にお並びいただき、当初の計画席数であった60席を、急遽、約150席まで増加させるほど盛況となり、トータル154名という多数の方々にご来聴頂くことができました。

他方、席数増加も間に合わず、一部の方々には立ち見という状況となってしまい、この場を借りてお詫び申し上げます。

  

  三井造船・高沖 達也 氏の講演    船技協・宮本マネージャーの講演

 

 

 

船技協・藤原アドバイザーの講演    船技協・田中グループ長の講演 

 

 

  ご来聴いただいた皆様に改めて厚く御礼申し上げます。

 

 

 

~ 講演プログラム ~

 

① 船技協の活動紹介
-
日本船舶技術研究協会 研究開発プロジェクトグループ長 田中 圭-

② 天然ガスハイドレート輸送船の研究開発
-
三井造船株式会社 事業開発本部 NGHプロジェクト室 高沖 達也 氏-

③ 塗装前処理技術に関する研究開発
-
日本船舶技術研究協会 プロジェクトマネージャー 宮本 武-

④ バラストタンク塗装管理について
-
日本船舶技術研究協会 アドバイザー 藤原 治郎-

⑤ シップリサイクル調査研究の概要
-
日本船舶技術研究協会 研究開発プロジェクトグループ長 田中 圭-

⑥ まとめ
-
日本船舶技術研究協会 研究開発プロジェクトグループ長 田中 圭-

 

報告会に関するお問い合わせ先

 (一財)日本船舶技術研究協会  企画・研究開発プロジェクトグループ

   仁平 一幸(にひらかずゆき)

   TEL03-3502-2133FAX03-3504-2350e-mailnihira@jstra.jp
 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー