一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

2016年 4 月 1 日

 

各  位

 

一般財団法人日本船舶技術研究協会

 

 

日本の造船業及び舶用工業の海外向け広報パンフレット

「Shipbuilding in Japan -- Solutionbook」刊行のご案内

 

 拝啓 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業は、公益財団法人日本財団の助成を受けて、世界5カ所のジェトロ海外事務所に駐在員を派遣等し、皆様に造船関係情報をお知らせしているところです。

これらのジェトロ事業には、平素から格別のご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、同事業において、日本の造船業及び舶用工業の海外向け広報パンフレット「Shipbuilding in Japan」(英版のみ)を国土交通省、日本船舶輸出組合、一般社団法人日本造船工業会、一般社団法人日本中小型造船工業会及び一般社団法人日本舶用工業会のご協力のもと、毎年刊行しております。

今次刊行した「Shipbuilding in Japan -- Solutionbook」の特徴としては、近年船主が抱えている具体的な12の「課題」等を提示し、その解決策(Solution)として日本の造船業及び舶用工業での取り組み(日本の強み)を紹介する内容となっております。

 この冊子については、SEA JAPAN、ポシドニア2016等の国際的な海事展での配布の他、世界5カ所のジェトロ海外事務所等を通じて世界へ広く配信し、日本の造船業及び舶用工業のプレゼンス拡大の一助になることが期待されます。

【Shipbuilding in Japan -- Solutionbook掲載記事】

課題1: エコシップ
課題2: 実海域
課題3: イノベーション
課題4: SOx及びNOx
コラム1: LNG燃料の時代
課題5: バラスト水規制
課題6: 特殊貨物船
課題7: ベストセラー船型
課題8: メンテナンス(修繕)
コラム2: ビッグデータ及びIoT
課題9: 技能
課題10: フェリー
課題11: ODA
課題12: ファイナンス



◎ お問い合わせ先 :

一般財団法人日本船舶技術研究協会 
基準・規格グループ 規格ユニット 規格チーム
担当:長谷川 幸生
TEL:03-5575-6426 FAX:03-5114-8941
E-mail:hasegawa@jstra.jp

  Shipbuilding in Japan-Solution book 表紙

 

0001_表紙.jpg

 

 

 

Shipbuilding in Japan-Solution book目次

 

0001_目次.jpg



             

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー