一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

ISO/TC8/SC3/WG14

(LNG用バルブ作業委員会)

上海会合の概要

 

ISO/TC 8/SC3/WG14(配管及び機械分科委員会/LNG 船用バルブ作業委員会)が、2014年3 月4 日-5 日に、Celebrity Garden Hotel に於いて開催されました。

本 WG に於いては、WG 議長を務める韓国提案のISO/WD 18139「Globe valves for use in low temperature applications-Design and Testing requirements」及び ISO/WD 18154「Safety valve for cargo tank of LNG carriers-Design and testing requirements」に対して事前提出された我が国意見について主に検討されました。また、中国がLNG 船用ボール弁並びにバタフライ弁を本年中に提案する意向が確認されました。

今回の会合には、日本の代表(日本船舶技術研究協会)として、村上睦尚氏(海上技術安全研究所)並びに松本怜大(日本船舶技術研究協会)が出席いたしました。

この会議の詳細につきましては、当会会員専用ホームページ(https://www.jstra.jp/member/)をご参照ください。

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー