一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 


 ISO/TC8/SC2/WG7(船舶及び海洋技術専門委員会/海洋環境保護分科委員会/船舶の運航性能の変化測定作業委員会)

サンラモン会議の概要

 本会合は、2013 年にノルウェーのJotun が提案したISO 19030「Measuremet of changes in Hull and Propeller Performance」 について検討する会合である。これまで4 回の会合が開催されており、今回は、CD(委員会原案) 登録の締切(2015 年3 月17 日)を視野に入れて、ISO/WD(作業原案) 19030 Part 1~3(第1部:General Principle、第2部:Default method、第3部:Alternative method) のドラフト及び付属される予定の文書の内容について精査した。この会合には、各国船主、塗料会社、性能監視システム会社、船級協会、造船会社、研究所、NGO、規格化団体から約30名が出席者、日本からは5名が出席した。

 詳しい内容は、本会の会員用ホームページ(https://www.jstra.jp/member/archives.cgi)に掲載の報告書をご覧ください。

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー