一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

ISO/TC8/SC1/WG1

(船舶及び海洋技術専門委員会/救命及び防火分科委員会/救命作業委員会)

サザンプトン会議の概要

 ISO/TC8/SC1/WG1(救命及び防火分科委員会/救命作業委員会)が、2014年1月27日-29日に、MCA(Maritime & Coastguard Agency)サザンプトン支部に於いて開催されました。

 本WGに於いては、我が国がプロジェクトリーダーを務めるISO 18079-5「Ships and marine technology-Servicing of inflatable life saving appliances-Part5:Inflated rescue boats」を含むISO 18079 膨脹式救命設備の整備要件シリーズが審議されました。また、我が国がISO 17339:2002「Ships and marine technology-sea anchor for survival craft and rescue boats」の改正プロジェクトリーダーを担うこととなりました。

 他国から提案されている審議案件としては、人員回収装置(MOR)、MES(降下式脱出装置)シリーズについて審議を行いました。

 今回の会合には、日本の代表(日本船舶技術研究協会)として、宮崎恵子氏(海上技術安全研究所)並びに松本怜大(日本船舶技術研究協会)が出席しました。

 この会議の詳細につきましては、当会会員専用ホームページ(https://www.jstra.jp/member/)をご参照ください。)

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー