一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

ISO/TC108/SC2/WG2(機械振動及び衝撃専門委員会/機械・乗物・構造の振動・衝撃の測定と評価分科委員会/

船舶の振動作業委員会)フロリダ会議の概要

 ISO/TC108/SC2 及びWG2(国際標準化機構/機械振動及び衝撃専門委員会/機械・乗物・構造の振動・衝撃の測定と評価分科委員会/船舶の振動作業委員会)会議が2014 年11 月17 日から11 月21日にフロリダ(米国)のCasa Monica Hotel 会議室において開催されました。
 この会議には、ISO/TC108/SC2幹事及び同WG2主査を務めるドイツ、米国及び日本から計5名の出席がありました。この会議では、ドイツがISO 20283-5「Mechanical vibration-Measurement of vibration on ships-Part 5:measurement, evaluation and reporting of vibration with regard to habitability on passenger and merchant ships」(ISO 6954:2000改正案)が主に審議され、我が国は事前に提出した我が国意見の反映に努めました。本会議には日本の代表(日本船舶技術研究協会)として、本会/振動分科会の平川真一氏(ジャパンマリンユナイテッド)氏にご出席いただきました。詳しい内容は、本会の会員用ホームページ(https://www.jstra.jp/member/archives.cgi)に掲載の報告書をご覧ください。

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー