一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

 zaidan_logo_2012_2.png

2014年4月7日

(一財)日本船舶技術研究協会

 

 

特別講演会「IMOにおける日本の取り組み~日本からの議長就任に際して~

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

さて、当協会では日本財団のご支援をいただき、関係者のご協力のもと、国際海事機関(IMO)における船舶の国際基準策定に積極的に取り組んでおります。

IMOにおける船舶の国際基準策定に関しては、海運、造船等の関係業界の国際競争力の強化を見据えながら戦略的な対応を図っていく必要があります。このIMOへの戦略的な対応としては、IMOの活動を支える人的な貢献も重要であり、最近では、現IMO事務局長を輩出するなど、日本の貢献は顕著なものになってきています。

加えて、本年3月に開催されたIMO第1回設備小委員会(Sub-Committee on Ship Systems and Equipment (SSE))において、太田進氏((独)海上技術安全研究所国際連携センター長)が新たに議長に選出されました。IMOにおける日本からの議長誕生は十余年ぶりのことであり、日本のIMOへの戦略的対応において画期的なものといえます。

この新議長誕生の機会に、IMOにおける日本の取り組みについて、今一度、関係者の認識の共有を図ることは有意義と考え、「IMOにおける日本の取り組み」をテーマにした特別講演会を開催することといたしました。

本講演会では国土交通省海事局安全政策課長の加藤光一氏から、「日本のIMO戦略」(仮)と題して、また、新議長である(独)海上技術安全研究所国際連携センター長の太田進氏から「SSE議長に就任して~SSE1の結果と今後~」(仮)と題して、各々講演を行っていただきます。

皆様ご多忙とは存じますが、多数のご参加をお待ちしております。

 

本講演会に参加ご希望の方は、参加申込書に必要事項を記入のうえご返送ください。

 

敬具

 

特別講演会「IMOにおける日本の取り組み~日本からの議長就任に際して~

 

1.日時及び場所

日時          2014年4月24日(木)  17:00~18:20(受付は16:30から)

場所          霞山会館 牡丹の間

          東京都千代田区霞が関3丁目2-1  霞が関コモンゲート西館37階(別添参照)

    

2.主催

(一財)日本船舶技術研究協会

 

3.協賛

(一社)日本船主協会

 

4.講演予定

(1)「日本のIMO戦略」(仮)

    加藤 光一       国土交通省海事局安全政策課長

(2)「SSE議長に就任して ~SSE1の結果と今後~」(仮)

     太田 進           (独)海上技術安全研究所国際連携センター長

 

なお、講演終了後に懇親会を開催します(20時までの予定)(於:霞山の間)

 

5.参加費    無 料

 

添付参加申込書をご利用の上、4月18日(金)までに、regulation@jstra.jpまでメールにてお申し込み下さい。定員は100名、申し込み先着順とさせていただきます。定員に達した後にお申し込みをいただいた方に限り、こちらからご連絡を差し上げます。

なお、当日ご来場の際は受付にて名刺を頂戴いたしますので、ご持参くださいますようご協力をお願い申し上げます。

 参加申込書    Excel file
 会場地図    PDF File

◎ お問い合わせ先:(一財)日本船舶技術研究協会 基準ユニット 冨永、黒田

Tel: 03-5575-6427、Fax: 03-5114-8941

E-mail: regulation@jstra.jp


 

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー