一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

2015年11月18日

(一財)日本船舶技術研究協会

  (一社)日本造船工業会

            ASEFlogo.bmp



日本の主導で世界的造船産業界団体が設立されます!

- ASEFの設立について -



● 2015年11月26日、中国江蘇省南通市において、世界の造船産業界をけん引する日本、韓国、中国を含め、世界新造船建造量の90%以上を占める9ケ国の造船工業会等が加盟する世界的造船産業界団体ASEF(Active Shipbuilding Experts' Federation)が設立されることとなりました(同日開催されるASEF第1回総会により正式に設立されることとなっています。)。

● ASEFは、造船・船舶技術に関する協力等を通じて、国際海事産業の健全な発展並びに世界の海上安全・海洋環境保護等の促進に貢献することを目的にしています。

● 国際海事機関(IMO)の重要課題に係る議論に参加し、造船産業界の意見を述べることが、ASEFの最も重要な機能です。特に、設立3年後には、IMOにおける諮問的地位の取得申請をしたうえで、IMOの議論に正式に参加し、造船産業界/造船国の意向や懸念や提案がIMOの議論に適切に反映され、合理的な条約/規則が策定されるよう、積極的且つ直接的に貢献することを予定しております。

● 第1回総会においては、ASEF初代会長に村山 滋氏((一社)日本造船工業会会長、川崎重工業株式会社社長)の就任が、また、ASEF初代事務局長には岩本 洋氏(ジャパン・マリンユナイテッド企画管理本部参与)の就任とともに、木内 大助氏((一社)日本造船工業会専務理事)のASEF初代理事への就任が決定される予定です。なお、第1年次の事務局を(一社)日本造船工業会内に置くことも決定される予定です。

● ASEFの設立にあたっては、2007年以来、(公財)日本財団から約9千7百万円の支援のもと、(一財)日本船舶技術研究協会が、(一社)日本造船工業会と連携し、他国の造船工業会等と累次にわたる交渉を重ねるなど、暫定事務局として主導的な役割を果たして来ました。ASEF設立後1年間の事務局機能については(一社)日本造船工業会に引き継がれることになっています。

ASEFの概要については、こちらをご覧ください。




本件連絡先

(一財)日本船舶技術研究協会 斎藤 TEL 03-5575-6426

(一社)日本造船工業会 棟近 TEL 03-3580-1564

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー