一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

平成27年度 工業標準化事業表彰受賞について

2015年10月9日

 経済産業省では、工業製品の標準化推進活動に優れた功績を有する人材を表彰する「工業標準化事業表彰」を毎年10月の「工業標準化推進月間」に合わせて実施しています。

 10月2日付で平成27年度の受賞者が経済産業省から発表され、当協会から推薦しておりました水野ストレーナー工業株式会社・顧問西岡成憲様、寺崎電気産業株式会社・システム事業マーケティング部シニアアドバイザー諸野普様、、並びに当会規格ユニット松本怜大の受賞が次のとおり決定し、10月5日に都内のホテルにて授賞式が開催されました。

西岡様、諸野様、誠におめでとうございます。

 

工業標準化功労者表彰(産業技術環境局長表彰):

水野ストレーナー工業株式会社 顧問 西岡成憲様

DSC_1129.JPG

西岡様は、約17年間に渡り、舶用バルブ及びこし器に係る約23件のJIS F規格の策定に貢献され、取引の単純化のほか、製品の互換性、安全・安心の確保及び調達等に大きく寄与されました。また、近年に至っては、船舶及び海洋技術に関する上部委員会の委員として、環境および次世代二次電池に関するJIS F規格開発など、幅広い分野における標準化活動に貢献されたました。

 

 

国際標準化貢献者(産業技術環境局長表彰):

寺崎電気産業株式会社 システム事業マーケティング部 

シニアアドバイザー 諸野普様

DSC_1127.JPG

諸野様は、1999年にISO/TC8/SC10(コンピューターアプリケーション分科委員会)の日本エキスパート兼国内対応委員会委員へ就任して以降、2000年には我が国が議長および幹事国を務めるISO/TC8/SC6(航海及び操船分科委員会)の国内対応委員会委員へ就任されており、多数の我が国提案国際規格の作成に関与されております。2010年にはISO/TC8/SC6/WG16(船内機器用情報系ネットワーク装備指針作業委員会)のコンビーナにも就任しており、その功績は国内だけでなく国際的にも認識されています。

 

国際標準化奨励者(産業技術環境局長表彰):

一般財団法人日本船舶技術研究協会 基準・規格グループ 

規格ユニット 松本怜大

DSC_1131.JPG


松本は、2008年より国際標準化活動に関与しております。具体的には、ISO/TC8(船舶及び海洋技術専門員会)を始めとした船舶に関するISO国際委員会の国内対応委員会事務局として、国内関係者の意見を集約し、毎年約70件の日本回答を実施しています。また、これまで19回のISO国際会議に参加しており、日本代表団長を務めた経験もあります。さらに、2015年にはその功績が国際的に高く評価され、ISO/TC8/SC1/WG3(防火作業委員会)のコンビーナ並びに日本提案ISO規格案のプロジェクト・リーダーに任命されました。

受賞に関する詳細は、経産省ホームページをご覧下さい。

 

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー