一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

2018年度第2回 国際海運GHGゼロエミッション プロジェクト会合の開催結果

 

2018年10月23日

 当会は、日本財団のご支援の下、国際海事機関・IMOにおける船舶の国際基準策定に取り組んでおります。その一環として、本年度から国際海運GHGゼロエミッションプロジェクトを立ち上げ、活動を進めております。

 本プロジェクトでは、省エネ・脱炭素分野等における世界の将来動向を見極めつつ、我が国の競争優位性を一層高めるために必要な技術開発課題、市場への影響を踏まえた国際基準やインセンティブ制度の在り方等を包括的に検討し、それらを戦略的に推進するための関係者の役割分担や作業計画を取りまとめ、具体的な行動に繋げていくことを目指しております。

 今般、本プロジェクトの第2回会合を10月4日に都内で開催しました(主催:船技協、共催:国土交通省、支援:日本財団)。同会合においては、第1回会合(8月8日)において設置が決定された、船舶設計・船舶運航・代替燃料の3つのタスクフォース(TF)からの検討状況の報告を受け、今後の本プロジェクト・各TFにおける検討方針について議論を行いました。また、IMO 第73回海洋環境保護委員会(MEPC 73)において審議されるGHG削減戦略の目標達成のための各種対策の検討に向けた今後の作業事項・スケジュールを定める「アクションプラン」やIMOが実施する長期的なGHG排出量予測等に関する調査(GHGスタディ)への対応について議論を行いました。これらの議論の結果を公表しますので、ご覧ください。  

 第2回会合の議事要旨については、こちら(第2回会合_議論のポイント.pdf)(300KB)をクリックしてご覧ください。

 配布資料は、以下のURLをクリックしてダウンロードのうえ、ご参照ください。

 

http://jstra.jp/html/download/data/20181023123507_18-02_GHG_MTG.zip

 

なお、本日より1ヶ月を経過しますとファイルの保存期限が切れるため、ファイルのダウンロードができなくなります。

 

  • お問い合わせ先:

    一般財団法人 日本船舶技術研究協会 基準ユニット 古賀、河井

    TEL:03-5575-6427   FAX:03-5114-8941   E-mail: koga@jstra.jp, kawai@jstra.jp

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー