一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

                                             2016年8月18

(一財)日本船舶技術研究協会

 

造船工場の見える化システムに関する技術セミナー

~船舶建造工程管理の革新をめざして~

 

参加者募集のお知らせ

 

近年いわゆるIndustry4.0などICT技術による生産性革新の取組みが進んでおり、その重要なテーマの一つが製造工程のムリ・ムラ・ムダの発見と改善を進めるための「工程(人・モノの動き)の見える化」です。厳しい国際競争にさらされている我が国造船産業においても、「建造工程の見える化」を通じた製品の高品質化と生産の効率化が将来の競争力強化に向けた喫緊の課題となっています。

 

当協会では、日本財団のご支援のもと、2015年度より大学・研究機関・造船会社等からなる研究委員会を設置して、船舶建造工程における「人」の動きと作業内容をビデオ画像等により自動的に収集・分析するための「工場見える化システム」(モニタリングシステム)の実用化に取り組んで参りました。

 

本技術セミナーでは、研究開発事業の成果である「工場見える化システム」の概要をご報告するとともに、造船現場でのシステム活用に関する検討事例及び「建造工程の見える化」に関連するICT技術の動向についてご紹介することとしております。

船舶建造工程の生産性向上や品質改善全般あるいはICT技術に関わる幅広い関係者の方々のご参加をお待ち申し上げております。

 

 

1.日時

平成28年9月14日(水) 13:30~17:00(開場13:00)                

2.場所

日本財団ビル2階大会議室

〒107-8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号(案内図

3.主催

  協賛

(一財)日本船舶技術研究協会

(公社)日本船舶海洋工学会・(一社)日本造船工業会

4.参加費

無料(※事前登録必要)

5.事前登録

参加申込書をご記入の上、9月5日(月)までに、rdu@jstra.jp 宛メールにてお申込み下さい。なお、メール本文に参加申込に必要な事項を記載いただき送信いただいても結構です。(※定員100名先着順)

6.問合せ先

(一財)日本船舶技術研究協会 研究開発ユニット 杉山、安本

TEL:03-5575-6428、FAX:03-5114-8941、E-mail:rdu@jstra.jp

 

 

 

造船工場の見える化システムに関する技術セミナー

~船舶建造工程管理の革新をめざして~

 

プログラム

 

13:00

受付・開場

13:30~13:35

開会挨拶

 神林伸光・(一財)日本船舶技術研究協会 理事長

【基調講演】

 

13:35~14:00

基調講演 造船の見える化からCPS(Cyber Physical System)へ

青山和浩・東京大学大学院 工学系研究科システム創成学専攻 教授

【セッション1】

― 工場見える化システムの概要 ―

14:00~14:30*

講演1 工場見える化システムの実用化

森山厚夫・(一財)日本船舶技術研究協会 研究開発プロジェクトリーダー

14:30~14:50*

講演2 工場見える化システムのソフトウエアの概要

末次英明・名村情報システム(株)西日本事業本部 伊万里事業所

システム開発部 開発2グループ グループリーダー

14:50~15:05

―休憩-

【セッション2】

― 造船現場でのシステム活用に関する検討事例 ―

15:05~15:35*

講演3 工場見える化システムの造船所における応用

乘冨賢蔵・住友重機械マリンエンジニアリング(株)製造本部工作部計画G

大迫貴庸・(株)名村造船所 船舶海洋事業部生産管理部生産技術課課長

中村拓貴・三井造船(株)船舶・艦艇事業本部千葉造船工場製造部計画G

15:35~15:55*

講演4 造船現場改善コンサルティングにおける工場見える化システムの活用

谷川文章・(一財)日本船舶技術研究協会 業務グループ 第2ユニット長

【セッション3】

― 建造工程の見える化に関するICT技術の動向 ―

15:55~16:15*

講演5 行動センシングデータによる造船作業の推定

 白山 晋・東京大学大学院 工学系研究科システム創成学専攻 准教授

16:15~16:35*

講演6 画像情報を活用した造船所における作業・安全観測法

篠田岳思・九州大学大学院 工学研究院海洋システム工学部門 教授

16:35~16:55*

講演7 ICT技術の応用による造船現場の作業支援システムの研究開発

松尾宏平・(国研)海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所

     構造基盤技術系基盤技術研究グループ 主任研究員

16:55~17:00

閉会挨拶

 三谷泰久・(一財)日本船舶技術研究協会 常務理事

* 講演にはいずれも質疑応答時間を含みます。

* 講演順は都合により変更となる場合もございます。

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー