一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

ISO/TC8/SC2/WG7

(船舶の運航性能の変化測定作業委員会)

サンラモン会合の概要

 

 

本会合は、2013 年にノルウェーのJotun が提案したISO 19030 について検討する会合であり、2015年3月2日から6日にかけ、カリフォルニア州サンラモン(米国)の Crow Canyon Country Club にて行われました。

これまで4 回の会合が開催されており、今回は、CD 登録の締切(2015 年3 月17 日)を視野に入れて、ISO/WD 19030 Part 1~3 のドラフト及び付属される予定の文書の内容について精査しました。

日本からの参加者は、米澤拳志 氏(日本郵船)、石黒剛 氏(ジャパンマリンユナイテッド)、福田哲吾 氏(海上技術安全研究所)、津野良治 氏(船主協会)、矢加部文(当協会)です。

この会議の詳細につきましては、当会会員専用ホームページ(https://www.jstra.jp/member/)をご参照ください。

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー