一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

ISO/TC 8/SC 1/WG 1(救命及び防火分科委員会/救命作業委員会)

プール会合の概要

 

 ISO/TC 8/SC 1/WG 1が、2016年12月7日(水)~9日(金)に、英国・プールで開催されました。この会合では、まず、これまで本WGで原案作成作業が行われてきた、「ISO 16706 船舶及び海洋技術-降下式生存艇乗込装置の係留と降下の荷重算定」及び「ISO 16707船舶及び海洋技術-降下式生存艇乗込装置の容量の算定」の制定が報告されました。海外提案としては、ISO 18079「船舶及び海洋技術-膨脹式救命設備の整備要件」、ISO 19897「生存艇乗込装置(退船システム)-着氷要件」、ISO 19912「船舶及び海洋技術-イマーション・スーツ、耐暴露スーツ及び常時着用型スーツ」等について、原案が項目毎に審議されました。また、日本提案としては、ISO 15738「船舶及び海洋技術-膨脹式救命器具のガス膨脹システム」及びISO 17339「船舶及び海洋技術-救命艇及び救助艇のためのシーアンカー」の進捗状況を確認し、審議が進みました。

 なお、この会合には、日本から、宮崎恵子氏(海上技術安全研究所)が出席しました。

 今次会合での討議結果等、この会議の詳細につきましては、当会会員専用ホームページ(https://www.jstra.jp/member/)をご参照ください。


 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー