一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 

第2回 舶用品標準化推進協議会/標準化セミナー

   当協会では、舶用品製造業者における標準化活動を推進するため、異業種間における標準化に関わる認識等について相互理解の促進を図り、今後の当該協議会の活動に繋げることを目的として、第2回舶用品標準化推進協議会/標準化セミナーを大阪(9月26日、大阪第一ホテル)にて開催しました。

〇開催報告

ファイルの内容
ファイルの種類
開催報告    

〇プログラム及び講演資料(当協会 HP 会員専用コーナーから講演資料を見ることができます。

 

テーマ1.基準認証政策の現状と課題

          (国際標準化目標と人材育成政策)

         森野 芳通 氏

             経済産業省 産業技術環境局 産業基盤標準化推進室

 

テーマ2."ゴム関連の国際標準化(ISO/TC45)活動"

                       (最近のゴム産業全般、標準化活動、ISO/TC45国内、

             海外組織、規格活動例など)

         今井 勇 氏   日本ゴム工業会  ISO/TC45(ゴム及び製品)

                        国内審議委員長

                     株式会社ブリヂストン  技術センター

 

テーマ3.当協会における標準化活動の現状

         (活動の概要と主要課題ISO 30006、ISO 30007などの取り組み)

         平原 祐    一般財団法人日本船舶技術研究協会 基準・規格グループ長

 

テーマ4.船用弁の標準化活動について

         (標準化活動の取り組みと国内規格(JISF)の現状と今後)

         坂中 清治 氏  一般財団法人日本船舶技術研究協会 バルブ及びこし器

                          分科会長

                     ユニバーサル造船株式会社 津事業所 機関設計室長

 

テーマ5.IEC/TC18とISO/TC8/SC3における船舶の陸上受電設備の標準化について

         (現状と今後の課題)

         中村 浩司 氏 一般財団法人日本船舶技術研究協会 電気設備分科会長

                    三井造船株式会社 船舶・艦艇事業部

                        基本設計部 部長

         小谷 雄二 氏 寺崎電気産業株式会社  システム事業

                        海洋技術部

 

テーマ6.意見交換会

         (各社の取り組み、今後の協議会や標準化事業に対する要望等)

  注:   これらの資料の無断転載・複写・複製を禁じます。

 


一般財団法人日本船舶技術研究協会

〒105-0003  東京都港区西新橋 1-7-2  虎ノ門高木ビル5階 / TEL : 03-3502-2130   

Copyright (C) 2008 Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved             

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー