一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 
「船舶の塗装基準に係るセミナー」のご案内

 拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、IMOにおいて精力的に検討が続けられてきた船舶の防食措置については、バラストタンクの塗装基準が2006年12月の国際海事機関(IMO)第82回海上安全委員会(MSC82)において採択され、現在は2008年7月の発効に向けて準備が進められているところです。
また、ボイドスペースの塗装基準についても本年10月のMSC83でわが国の意見が概ね取り入れられる形で決着しました。さらに、現在カーゴタンクの防食措置に関する議論が山場を迎えているところです。
関係業界にも大きな影響を及ぼすこれらの基準とその議論の過程と今後の動向について総括して皆様にご紹介させていただくことを目的として、下記の要領でセミナーを開催することといたしました。
皆様方からの忌憚のないご意見をいただき、今後の活動に反映させて参る所存ですので、万障お繰り合わせのうえ、ご参加いただけますようご案内申し上げます。

                                                                  

敬具

                             


1.日時及び場所
(1)第1回目
日時:2007年12月7日(金)  13:30~17:00(開場13:00)
場所:日本財団ビル 2階 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2、別添参照)
(2)第2回目
日時:2007年12月14日(金)  13:30~17:00(開場13:00)  
場所:大阪マルビル 大阪第一ホテル 6階 モナーク
(大阪市北区梅田1-9-20、別添参照)

2.参加費
無料(12月3日(月)までに別紙参加申込書excelにて、info@jstra.jpまでメールにてお申し込み下さい。定員各約150名、申し込み先着順とさせていただきます。)

3.プログラム
受付開始(13:00)
開 会 (13:30)

テーマ1.「塗装基準をめぐる今後の問題点と我が国の対応」
(一財)日本船舶技術研究協会

テーマ2.「塗装基準実施ガイドライン及びNKの対応」
(財)日本海事協会

テーマ3.
「塗装検査員の役割りについて」
(一財)日本船舶技術研究協会

テーマ4.
「塗料と塗装システムをめぐる現状と将来の動向」
塗料メーカー

閉会(17:00頃)

(プログラムの詳細及び講演者は現在調整中であり、若干の変更がありえますのでご了承ください)

◎お問い合わせ先:(一財)日本船舶技術研究協会 基準・規格グループ 東田
Tel:03-3502-2134 Fax: 03-3504-2350 E-mail : info@jstra.jp

[会場案内]
■東京会場(詳細地図(PDF))
日本財団
住所:〒107-8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号 日本財団ビル
TEL:03-6229-5111 FAX:03-6229-5110

■大阪会場(詳細地図(PDF))
大阪第一ホテル
住所:〒530-0001 大阪市北区梅田1-9-20
TEL: 06-6341-4411

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー