一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 

ブラジル海事産業セミナー
~我が国海事産業にとっての機会と挑戦~のご案内


拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、オフショア石油・ガス開発・生産が本格化しているブラジルでは、海洋開発・生産用施設や輸送船・作業船等に対する高水準の需要が見込まれています。また、深海域のプレソルト開発のための技術開発にも多額の投資が行われており、深海オフショア開発分野における技術蓄積は世界的にみても高度な段階に達していると言われています。
我が国海事産業界においても、同国市場への関心が非常に高まっており、ブラジル進出を真剣に検討する海事関係企業も増えてきております。このような関心に応えるため、今回、ブラジル及び日本において、日本企業のブラジルの市場参入支援業務や海洋開発の研究開発等の最前線で活躍される方々を講師にお招きして、ブラジル海事産業セミナーを開催することといたしました。
以下のとおりご案内申し上げますので、関係の皆様に奮ってご参加いただけますようお願い申し上げます。
敬具


1.日時及び場所
   日時 : 2012年7月20日(金) 13:30~17:30(開場13:00)
   場所 : 日本財団ビル2F 大会議室 (東京都港区赤坂1-2-2 
別添地図参照)

2.参加費
   無 料

3.お申込み方法
   参加申込書を
こちららダウンロードの上、7月12日(木)までに、RDU@jstra.jpまで
   メールにてお申し込み下さい。

※なお、定員(約150名)を超える申し込みがあった場合は、申し込み先着順とさせていただきます。定員に達した後にお申し込みをいただいた方のみこちらからご連絡をとらせていただきます。お申し込み後、こちらから連絡がなかった場合は当日お名刺をご持参の上、会場へお越し下さい。

4.プログラム
    ●開会(13:30)

    ●主催者挨拶
    
愛川 展功 ((一財)日本船舶技術研究協会 理事長)

    ●基調講演   目指せブラジル -海事分野の官民挙げた取り組み-
    今出 秀則 (国土交通省 海事局 船舶産業課 課長)

    ●ブラジル政治・経済の概況について
    二宮 康史 (日本貿易振興機構 海外調査部 中南米課 課長代理)

    ●我が国海事産業のブラジル市場参入にあたって
    堤   壽彦 (ブラジル シグマックス社 代表)

  ●The Naval Architecture and Ocean Engineering in Brazil and Research Lines
   related to Offshore Systems for Oil&Gas Exploration
    Nishimoto, Kazuo (サンパウロ大学船舶海洋工学部 教授)

  ●ローカルコンテント認証業務へ向けて
    柴戸   博 ((一財)日本海事協会 営業部 主管)

  ●パネルディスカッション
    パネリスト : 講演者全員 
    進    行 :
田村顕洋 ((一財)日本船舶技術研究協会) 

  ●閉会(17:30)

※プログラムは現在調整中のものであり、若干の変更があり得ますのでご了承ください。

◎ お問い合わせ先 : (一財)日本船舶技術研究協会 研究開発ユニット 杉山
   Tel : 03-5575-6428 Fax : 03-5114-8941
   E-mail : RDU@jstra.jp
以上
 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー