一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 
NGHフォーラムの開催について

 
NGH(天然ガスハイドレート)は、LNG等の既存技術に比べ、輸送コストを含めた投資コストの低減を図ることができ、他の化石燃料と比べて環境負荷の小さい天然ガス需要の伸長が見込まれている現状において、今後の天然ガス需要に対応する有力な技術として期待されております。NGHサプライチェーンの技術開発の現状と成果、及び事業化に向けた最新の取り組みを紹介し、NGHに関する理解を深めると共に、様々な視点からの議論、情報共有等を図ることを目的とし、今般、(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構、(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構及び(一財)日本船舶技術研究協会は、標記フォーラムを下記のとおり開催することとしましたので、ご案内いたします。
  
日 時内 容場 所
平成21年9月3日(木)
13:30~17:30 
 NGHフォーラム
 ・基調講演
 ・上流から見たNGHによる中小ガス田開発
 ・NGH技術開発の現状
 ・NGH輸送船の開発
 ・NGH陸上輸送実証プロジェクト
 ・NGHの今後の展望
 ・質疑応答等

ホテルグランヴィア広島
4F「悠久の間」
広島県広島市南区
松原町1番5号

(JR広島駅新幹線口)

平成21年9月4日(金)
08:00~15:00  
※移動時間含みます。
 実証プラントの現地見学会
 ・広島市内より中国電力(株)柳井発電所に移動
 ・NGH製造出荷実証プラントの見学等
 ・現地より広島市内に移動・解散

中国電力(株)
柳井発電所内
 
山口県柳井市柳井字
宮本塩浜1578-8
(地図2参照)
    
 
二日間に及ぶ本フォーラムでは、第一日目にNGHサプライチェーン構築に係わる技術開発の現状・成果や事業化に向けた最新の取り組み状況等を紹介の上、NGHに関する理解を深めて頂き、また第二日目にはNGH製造出荷実証プラントの現地見学会を予定しております。参加をご希望される場合には、別紙の「NGHフォーラム参加申込書」にてお申し込み頂きますようお願い致します。ご不明な点等ございましたら、ご遠慮無くお問い合わせ下さい。

【問合せ先】
()日本船舶技術研究協会
 企画・研究開発プロジェクトグループ
 村 上 好 男
  〒105-0003 東京都港区西新橋1-7-2
TEL 03-3502-2133 / FAX 03-3504-2350
E-mail: murakami@jstra.jp


お申し込み期限は、8月18日とさせていただきます。
 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー