一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 
 jis_f

概要
本会では、既存JIS F 規格の船用鍛鋼弁(計7規格)について整理統合のための作業を標準部会傘下の配管ぎ装品分科会にて進めています。
空この度、当該規格に関わる製品の生産又は使用実態等の現状を把握し、整理統合規格案作成の方向性を探ることを目的に関係各位のご意見をお伺いするものです。
空なお、配管ぎ装品分科会は、船舶用のバルブ及びこし器のJIS F規格の審議等を行っています。
配管ぎ装品分科会構成表
(分科会長) 前 田 明 徳 ユニバーサル造船株式会社
(委 員) 秋 吉 善 成 株式会社鷹取製作所
  伊 飼 通 明 独立行政法人海上技術安全研究所
  大 石 真 哉 財団法人日本海事協会
  岡   一 嘉 日の本辨工業株式会社
  恵 谷   隆 尾道造船株式会社
  岸 上 勝 信 岸上バルブ株式会社
  坂 根 泰 博 株式会社中北製作所
  西 岡 成 憲 水野ストレーナー工業株式会社
  西 岡   弘 株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド
  金 集 弘 明 株式会社川崎造船
  三 輪 英 雄 三元バルブ製造株式会社

( 回答方法 )
調査の概要及び質問は、鍛鋼弁調査お願い状PDF ファイル13.0KB及び鍛鋼弁調査票PDFファイル14.0 KB鍛鋼弁調査票をご覧下さい。回答は、 鍛鋼弁回答用紙 Excelファイル21.0 KBに御記入のうえ、御返信ください。

( 回答送付先 )
(一財)日本船舶技術研究協会
基準・規格グループ 標準化チーム宛 
〒105-0003 東京都港区西新橋1-7-2 虎の門高木ビル5階
Tel:03-3502-2130 Fax:03-3504-2350 E-mail:info@jstra.jp
回答締切り 2006年5月31日(水)

本件に関する問い合わせ )
(一財)日本船舶技術研究協会
基準・規格グループ 冨永 恵仁
〒105-0003 東京都港区西新橋1-7-2 虎の門高木ビル5階
Tel:03-3502-2130 Fax:03-3504-2350 E-mail:tominaga@jstra.jp

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー