一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 

■ISO会議開催状況・主要議題

会議報告の詳細は会員専用コーナーにてご覧になれます。

ISO/TC 8/SC 2 キプロス会議概要

■概要
ISO/TC 8/SC 2(海洋環境保護分科委員会)、同WG 2(第二作業委員会)、同WG 3(第三作業委員会)の会議が、2007年6月12 ~ 14日に、キプロス国キプロス市において開催された。

なお、この会議には、日本の代表(当協会)として、吉田 公一 氏(独立行政法人海上技術安全研究所)、吉江 宗生 氏(独立行政法人港湾空港技術研究所)が出席致しました。

■主な内容
今回のISO/TC 8/SC 2会議では、当協会/船舶関係工業標準化事業による調査研究に基づき今後ISO規格化提案を実施する予定の「船舶からの温室効果ガス(GHG)排出算定方法」「船底防汚塗料の安全性評価方法」について、その提案内容を紹介すると共に提案準備状況について報告を行ない、審議が行なわれました。

また、その他、活動停止中のSC 2/WG 1(船舶からの排出の制御)の活動再開、作業休止中の案件の作業再開についての審議も行なわれました。

なお、SC 2/WG 2ではISO/CD 21070「船上で発生するゴミの扱い及びマネジメントに関する指針」の審議が行なわれ、SC 2/WG 3ではISO 21072「オイルスキマーの試験方法」の審議が行なわれました。

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー