一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 
■基準調査研究 

【IMOへの戦略的対応】

国際海事機関(IMO)における安全・環境規制の策定に戦略的に対応するため、IMOの基準の動向、また、これに関連する国際標準化機構等(ISO/IEC)の重要規格の動向、さらに、海事分野を取り巻く環境の変化を総合的に把握し、国際基準の策定に関する調査研究を実施しています。


■IMO International Maritime Organization (国際海事機関)
海事に関する国連の専門機関で、海運や船舶に関する安全、環境等の国際ルール(国際条約等)を策定することを主たる目的としています。IMOで策定された国際条約として、海上人命安全条約(SOLAS条約)、海洋汚染防止条約(MARPOL条約)などがあります。
IMO_commitee2015.jpg


■日本船舶技術研究協会の取り組み
国際基準の制定にあたっては、確かな技術に根ざした科学的な視点から、海事産業全体にとって最も合理的なものとすることが重要です。
我が国は、世界有数の海運・造船国であり、かつ、安全・環境に対する高い技術力を持っています。
国際社会より安全や環境に関する基準策定への貢献が強く期待される中、我が国の産・学・官の英知を集め、最先端の研究及び技術と知識を活用して、海事産業にとって最適な国際基準案を日本提案としてとりまとめ、IMOでの議論の基とするものです。


■様々な国際会議への参加
IMOで開催される委員会や小委員会など、我が国の海運・造船にとって重要な審議が行われる会議に積極的に参加し、日本提案の実現や日本の意見の反映に向けた対応を鋭意行っています。


■本年度の調査研究プロジェクト
国際海事機関(IMO)における安全・環境規制の策定に戦略的に対応するため、特に重要と考えられる以下の10の課題について、プロジェクトを設けて検討しています。
船体付着生物管理に関する対応

海運による生物越境防止対策として、バラスト水管理のほかに船体付着生物管理についてもIMOで議論が行われています。この船体付着生物管理に関するIMOにおける審議に関し、我が国の知見及び意向を十分に反映させるための調査研究を行っています。

ガス燃料船・新液化ガス運搬船基準の策定

液化ガス燃料を始めとする低引火点燃料を使用する船舶に関する安全基準「国際ガス燃料船 コード(IGFコード)」の安全要件等に係る審議について、我が国の意向を反映させるために積極的に対応しています。

船舶からの大気汚染防止のための基準整備

船舶からの窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、ブラックカーボン(BC)排出規制などの大気汚染防止規制に適切に対応するため、必要な技術的調査研究を行うとともに、IMOにおける審議動向を的確に把握し、我が国の知見及び意向を反映させるべく議論に積極的に貢献しています。

船舶水中騒音の海洋生物への影響に関する調査研究

生物多様性条約の下に置かれている国際会議では、船舶等の人為的な騒音が海棲哺乳類等の海洋生物に悪影響を与えていることから対策を講ずべきという意見がでており、各国に船舶等の人為的な騒音とこれらの海洋生物との関係についての科学的研究の実施が要請されています。将来、科学的根拠のない水中騒音規制の導入を回避するため、海洋生物に対する影響について、定量的かつ科学的なデータを取得し、海洋生物が許容できる騒音レベルを明らかにするための調査研究を行っています。

目標指向型復原性基準の策定

現在、IMOにおいて検討されている非損傷時・損傷時それぞれの復原性基準に関し、第二世代非損傷時復原性基準案及び旅客船の損傷時復原性向上提案の検証等を通じ、船舶の転覆等防止の観点から一層の安全性向上を図るとともに、我が国の船舶の設計や運航形態を考慮した有効、かつ、合理的な要件とするための調査研究を行っています。

船舶からの温室効果ガス(GHG)削減基準の策定

2013年1月に発効した船舶の燃費効率(EEDI)の導入を柱とするMARPOL条約の改正に関連した技術開発状況や規制値のレビュー、、省エネと安全航行の両立や海上試運転の適切な実施に関する審議、経済的手法(MBM : Market Based Measurement)による国際海運からのCO2削減のための段階的なアプローチとしての燃料消費実績報告制度策定の審議等に積極的に参加し、関係業界との調整を行いながら、我が国にとって有利な方向で検討を進めるための調査研究を行っています。

航海設備近代化に伴う関連基準等の検討

GMDSSの見直し近代化 現在、IMOにおいてGMDSS(Global Maritime Distress and Safety System:海上における遭難及び安全に関する世界的な制度)の見直しの総論及び方向性についての検討がIMOで進められています。このため、IMOでの関連審議に積極的に参画し、関係業界との調整を行いながら、我が国にとって有利な方向でGMDSS見直し・近代化の検討を進めるための調査研究を行っています。 

e-navigaition 戦略実施に伴う関連基準等  IMOでは、IT技術を活用した次世代の航海支援システムの構築とその実施に向けた「e-navigation 戦略」にしたがった条約、規則等の見直しの審議が行われています。このためこれらの審議に積極的に参画し、業界調整を行いながら我が国に有利な方向で検討を進めるための技術基準等に関する調査研究を行っています。 

自動運航船の開発・実装に係る制度の研究 本年6月に開催された第98回海上安全委員会(MSC98)において自動運航船(MASS:Maritime Autonomous Surface Ships)に関わるIMOの諸規制について、2018年度から4カ年計画で論点整理の実施が新規議題として採択されました。IMOにおける議論に適切に対応して行くために我が国の海事産業界等関係者・関係機関と情報共有を図り、 対応を進めています。

海事におけるサイバーセキュリティ対策の検討

世界的な情報技術の発達に伴い、、船舶、港湾、陸上施設など様々な場面においてサイバーシステムへの接続及び依存が進み、システムデータへの不正アクセス等に起因する航行安全侵害、貿易犯罪等の様々なリスクが懸念されていることを踏まえ、IMOでは、海事セクターのサイバーセキュリティに関する審議が進められています。このため、IMOにおける審議動向を的確に把握し、我が国の地検及び意向を反映させるための調査研究を行っています。

船舶の合理的な基準作成のためのデータ活用に関するグローバルストラテジーの検討

IMOにおけるデータを活用した合理的な国際基準策定に向けた検討を促進するために、船舶の合理的な基準作成のために必要となるデータの種類や収集方法を検討し、「データに基づく基準策定のストラテジー」をIMOへ提案するための調査研究を行っています。

IMOフォロー(救命、防火、船上揚貨装置、係船、GBS)

これまで行ってきた調査研究プロジェクトに関する事項のほか、我が国海運・造船にとって特に関心の高い事項について、IMOでの審議をフォローするとともに適切に対応するための活動を行っています。


IMO外観 IMO会議風景 船舶基準・規格セミナー
日本代表団ベンチ IMO規則の研究

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー