一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
 
■ごあいさつ

一般財団法人日本船舶技術研究協会(略称:船技協、JSTRA)は、2005年4月に3団体(社)日本造船研究協会、(財)日本船舶標準協会及び(財)船舶解撤事業促進協会の業務を統合し、財団法人日本船舶技術研究協会として発足しましたが、2012年4月1日をもちまして一般財団法人へ移行し、現在に至っております。この間、国土交通省のご指導、日本財団及び多くの海事関係団体のご支援を賜るとともに、賛助会員並びに海事関係者の皆様のご理解、ご協力を賜りましたこと厚く御礼申し上げます。お蔭様で、賛助会員数も約190と多くのご入会をいただいております。

 我が国海事産業は、厳しい国際競争の中、多大な経営努力を重ねながら世界をリードし、海上輸送モードの革新、海上における安全の確保及び海洋環境保全において、牽引役として極めて大きい役割を果たしてきました。これらは、荷主・海運・造船・舶用工業といった我が国海事産業が互いに協調し、なおかつ切磋琢磨してきた成果であります。

 本協会は「船舶の基準・規格・研究開発」をキーワードに、基準・規格・研究開発を三位一体で捉え、事業を総合的かつ戦略的に展開するとともに、海事産業が直面する物流効率化、安全確保、環境保全等喫緊の技術課題にも積極的に取り組んでいます。

 また、韓国・中国等アジア諸国との連携強化を推進するため、アジア造船技術フォーラムを共催することを通じて、アジア発の提案の実現と日本の海事産業の存在感の向上に引き続き努力しているところです。

 さらに、製造現場のニーズに応じた効率改善、省力化、品質向上等を図るためのコンサルティング事業を実施していくこととしております。

 なお、本協会の活動で得た情報、成果につきましては、セミナー・成果発表会の開催、ホームページへの掲載、メールニュースによる配信などにより広く情報提供し、皆様の新たなニーズに応えるために更なる充実を図ってまいります。

本協会はこうした活動を通じ、日本、そして世界の海事産業が、環境・安全の両面において世の中に貢献していくための手助けとなるよう今後一層努力していく所存ですので、皆様のご理解・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

                                                    

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー