一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

sasakawa.png 

jstra_ロゴマーク (177x88).jpg 

 

 

 

  

 

2017年9月

一般財団法人 日本船舶技術研究協会

 

「国際ルールの策定と海事産業の持続的発展に向けたセミナー」のご案内

 

 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 当会の実施事業につきましては、日頃より格別のご厚情を賜りありがとうございます。

 さて、当協会では日本財団のご支援をいただき、関係者のご協力のもと、国際海事機関(IMO)における船舶の国際基準策定に積極的に取り組んでおります。IMOでは、近年、GHG、NOx、SOx等の船舶からの排出ガスの他、 バラスト水や船体付着による水生生物の越境移動が及ぼす生態系への影響、船舶のリサイクル、水中騒音等、海洋環境保護に対する世界的な関心や懸念の高まりに伴い、国際環境規制が多様化・強化されております。一方、これら国際規制が海事産業に大きく影響するものが多いことから、海事主要国である我が国としては、業界の実態を踏まえた実効性があり、かつ合理的なものにしていくべく、国際的な議論や交渉を主導していく必要があります。

 このような状況の中、国際環境規制を取り扱う海洋環境保護委員会(Marine Environment Protection Committee)の2018年からの議長に、斎藤 英明氏(国土交通省 海事局 船舶産業課長)が選出されました。日本人がIMOの委員会の議長ポストに就くのは初めてのことであり、今後のIMOにおける審議への我が国からの益々の貢献が期待されています。

 このため、世界市場において事業展開する海事産業に大きく影響する、IMOにおける船舶に係る国際ルールの策定動向や、我が国海事産業が持続的に発展していくために取り組んでいくべき方向性や戦略について、IMO事務局長のほか、我が国海事分野におけるキーパーソンによる講演及びパネルディスカッションを通じて明らかにしていくことを目的に「国際ルールの策定と海事産業の持続的発展に向けたセミナー」と題してセミナーとパネルディスカッションを下記のとおり開催することといたしました。

 つきましては、皆さまご多忙とは存じますが、多数のご参加をお待ちしております。 

                                                                                                                                                                              敬 具

(後援)

MLIT (126x175) - コピー.jpg

 

 

 

zoukou.png

logo_rev_j.gif 


 

1.日時及び場所

日時: 2017年10月16日(月)14時30分~17時00分(受付開始14時)

場所: 東海大学校友会館 阿蘇・朝日の間      

     東京都千代田区霞が関3丁目2-5 霞ヶ関ビル35階

       http://www.tokai35.jp/staticpages/index.php/acc-000

     定員300名

 

2.運営

 主 催    (一財) 日本船舶技術研究協会

 特別協賛  (公財) 日本財団

 後 援    国土交通省、(一社) 日本船主協会、(一社) 日本造船工業会

 

3. プログラム(予定)

①主催等挨拶    田中 誠一  日本船舶技術研究協会 会長

               国土交通省(調整中)

            尾形 武寿  日本財団 理事長  

②基調講演      キータック・リム IMO事務局長

③講演      (1)斎藤 英明   IMO海洋環境保護委員会 議長(海事局船舶産業課長)

           「MEPCの最近の動向・主要課題と今後の展開」

       (2)武藤 光一  日本船主協会 会長

           「より安全・よりクリーンな未来の海運」

       (3)加藤 泰彦  日本造船工業会 会長

           「造船業界のIMOへの積極的な貢献へ向けて」

④パネルディスカッション「日本の海事産業とIMOの将来はどうなるのか」

  <モデレータ> 大坪 新一郎 国土交通省 海事局次長

  <パネリスト> 川嶋 民夫   日本船主協会 欧州地区事務局長

          上田 直樹   日本造船工業会 技術幹事長

          斎藤 英明   IMO海洋環境保護委員会 議長(海事局船舶産業課長)

          太田  進    IMO船舶設備小委員会 議長(海上技術安全研究所国際連携センター長)

※セミナー修了後には懇親会を開催いたします(場所:望星の間 定員:200名)

 

4.参加費 無 料

 

5.申し込み方法 

参加申込書  (ここをクリック)をダウンロードのうえ、10月6日(金までに、regulation@jstra.jpまでメールにてお申し込み下さい。なお、セミナーの定員は300名、申し込み先着順とさせていただきます。

定員に達した後に参加申し込みをした方につきましては、参加の可否を当会より連絡いたします。

(それ以外の方へのメール等による連絡は通常はいたしませんので、ご了承ください)。

なお、当日ご来場の際は受付にて名刺を頂戴いたしますので、ご持参くださいますようご協力をお願い申し上げます。

 お問い合わせ先:

     一般財団法人日本船舶技術研究協会 基準・規格グループ 基準ユニット 冨永恵仁
         Tel: 03-5575-6427  Fax: 03-5114-8941 E-mail: regulation@jstra.jp

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー