一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

 

 

 

2016年11月11日

一般財団法人 日本船舶技術研究協会

 

船舶基準セミナーのご案内

船舶からの大気汚染防止基準(NOx、SOx規制)への取り組み

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、当協会では日本財団のご支援をいただき、関係者のご協力のもと、国際海事機関(IMO)等における国際条約等の策定に関する審議への対応を鋭意積極的に取り組んできております。

IMOでは、船舶に起因する大気汚染の防止のため、海洋汚染防止条約(MARPOL条約)に基づき、船舶からの窒素酸化物(NOx)及び硫黄酸化物(SOx)に関する排出規制を2008年に策定しています。同規制では一般海域(指定海域以外の全海域)、条約が定める指定海域について、それぞれ段階的に規制強化が図られてきております。これまで、同規制に適合するため、エンジンの改良や燃料品質の向上、代替措置である排ガス浄化装置の搭載などの対応や、今後の対応策に関する検討が行われてきております。

当協会では、これらの動向に対応するため、2013年より大気汚染防止基準整備プロジェクトを立ち上げ、産官学の関係者のご参画のもと、IMOにおける審議に適確に対応するための調査研究等を進めております。

本年10月にIMOで開催されました第70回海洋環境保護委員会(MEPC70)では、SOx排出規制に関し、3次規制の適用開始年(2020年)における燃料油(硫黄分0.5%以下)の供給可能性に関するIMOの調査結果に基づき、適用開始年の変更の要否について審議が行われました。審議の結果、現在の規制適用開始年に合わせた燃料油の供給は可能であるとして、現行の条約の規定のとおり2020年から規制を適用開始することに合意しました。海事関係者においては、今後、同規制への適合に向けた対応が求められることとなります。

このため、今般、当協会では、船舶からの大気汚染防止基準(NOx、SOx排出規制)をテーマに、当協会大気汚染防止基準整備プロジェクトの委員を始め、各分野のご専門の皆様からご講演を頂くセミナーを開催することといたしました。

つきましては、ご多忙中誠に恐縮ですが、皆様の積極的な参加を賜りたく、下記のとおりご案内申し上げます。

                                                                                                                                                                                敬 具

1.日時及び場所

日時: 2016年12月15日(木)13時30分~17時05分(開場13時)

場所: ホテルセントラーザ博多 花筐の間

       http://www.centraza.com/access/index.html

       〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街4-23

       TEL:092-461-0111

 

2.参加費: 無 料

3.申し込み方法 

参加申込書 (ここをクリック)をダウンロードのうえ、12月8日(木までに、regulation@jstra.jpまでメールにてお申し込み下さい。定員は100名、申し込み先着順とさせていただきます。

定員に達した後に参加申し込みをした方につきましては、参加の可否を当会より連絡いたします(それ以外の方へのメール等による連絡は通常はいたしませんので、ご了承ください)。

なお、当日ご来場の際は受付にて名刺を頂戴いたしますので、ご持参くださいますようご協力をお願い申し上げます。

4.プログラム:(今後の調整において若干の変更があり得ます点はご了承ください。)

13時30分~17時05分(開場13時)

13:00                  開場

13:30~13:40     主催者挨拶等 

13:40~14:20   船舶からの大気汚染防止基準に関する国際動向について                 

                           国土交通省 海事局 海洋・環境政策課

                           環境渉外室長                                                       植村 忠之 様

 14:20~14:45   2020年からの舶用燃料動向予測とエンジン側の対応の可能性

                             国立大学法人 九州大学大学院 総合理工学研究院 

                             熱機関工学研究室 教授

                            (日本船舶技術研究協会 大気汚染防止基準整備プロジェクト

                              プロジェクトマネージャー)                                       高崎 講二 様

14:45~14:55       質疑

14:55~15:05     休憩                                                                      

15:05~15:30     SOx規制開始に向けた課題 - 海技研における取り組み    

                              国立研究開発法人 海上・港湾・航空研究所 海上技術安全研究所

                              環境・動力系 環境分析研究グループ長                高橋 千織 様

15:30~15:50     日本郵船のLNG燃料への取り組み

                             日本郵船株式会社 燃料グループ 燃料プロジェクトチーム 

                              兼 工務グループ 新造船チーム                             井上 知己 様

15:50~16:00       質疑

16:00~16:10     休憩                                                                      

16:10~16:30     NOx、SOx規制に対する舶用エンジン製造者の取り組み

                             三井造船株式会社 機械・システム事業本部 機械工場 

                             ディーゼル設計部 基本設計グループ グループ長  島田 一孝 様

16:30~16:50     舶用SCR装置の現状について

                             日立造船株式会社 機械事業本部 舶用機器・脱硝ビジネスユニット

                             脱硝設計部 グループ長                                              田中 博仲 様

16:50~17:00       質疑                                                                        

17:00~17:05     閉会挨拶等

  閉会(17:05)

 お問い合わせ先:

     一般財団法人日本船舶技術研究協会 基準・規格グループ 基準ユニット 冨永、大野
         Tel: 03-5575-6427 Fax: 03-5114-8941 E-mail: regulation@jstra.jp

 

 

 

                                                                                  
 
 
 
 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー