一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

           

 

 

2016年7月26日

一般財団法人 日本船舶技術研究協会

 

舶基準セミナーのご案内

船舶からの水中騒音に関する取り組み

 

 当協会では日本財団のご支援をいただき、関係者のご協力のもと、国際海事機関(IMO)等における国際条約等の策定に関する審議への対応を鋭意積極的に取り組んできております。

近年、生物多様性条約(Convention on Biological Diversity:CBD)の締約国会合等において、船舶等の人為的な騒音が海棲哺乳類等の海洋生物に悪影響を与えている可能性があることから、これらの騒音低減のための対策を講ずべきという指摘がなされております。他方、これらの指摘については、因果関係などの科学的知見が十分でないとの意見もあることから、各国に船舶等の人為的な騒音と海棲哺乳類等の水中生物の関係についての科学的研究の実施が要請されています。

一方、IMOにおいても、2014年4月に、船舶からの水中騒音対策のための非強制のガイドラインを策定しています。今後、CBDにおける議論の動向等によっては、IMOにおいて、船舶からの水中騒音を定量的かつ強制的に削減するための更なる方策を検討すべき、という指摘がなされる可能性があります。

これらの議論においては、水中生物への悪影響を考慮した場合には広範かつ速やかな対策を講じることが不可欠である、との観点から、具体的な知見等を欠いたまま船舶の騒音対策を講ずべきとする方向に議論が発展する可能性があります。このことから、今後の議論に適切に対応していくためには、船舶の水中騒音と水中生物の行動の因果関係などの科学的知見を蓄積していくことが必要となります。

このため当協会では、船舶による水中騒音と、当該騒音の水中生物に対する影響について、定量的かつ科学的なデータを取得し、特に、海洋生物が許容できる騒音レベルを明らかにするための取組みを2015年度より開始しております。

今般、当協会の取組みを紹介するという観点から、表題のセミナーを開催し、船舶からの水中騒音に関する国際動向等とこれに関する当協会のプロジェクトの概要をご紹介することとしました。

併せて、関連の動向の紹介として、水中騒音の主な起源であるプロペラキャビテーションの計測に関し、ISO規格の策定の経緯と業界に及ぼす影響について、実際に交渉に携わられたご経験等を踏まえご紹介頂くこととしました。

つきましては、ご多忙中誠に恐縮ですが、皆様の積極的な参加を賜りたく、下記のとおりご案内申し上げます。

1.日時及び場所   2016年8月23日(火)13時30分~17時00分(開場13時)

                場所 : 東海大学校友会館 阿蘇の間   

                     〒100-6035 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル35階 

                     TEL: 03-3581-0121(代表)                  

                     http://www.tokai35.jp/staticpages/index.php/acc-000

 

2.参加費       無 料

 

3.申し込み方法 

参加申込書 (ここをクリック)をダウンロードのうえ、8月16日(火)までに、regulation@jstra.jpまでメールにてお申し込み下さい。定員は100名、申し込み先着  順とさせていただきます。

定員に達した後に参加申し込みをした方につきましては、参加の可否を当会より連絡いたします(それ以外の方へのメール等による連絡は通常はいたしませんので、ご了承ください)。

なお、当日ご来場の際は受付にて名刺を頂戴いたしますので、ご持参くださいますようご協力をお願い申し上げます。

 

4.プログラム (若干の変更があり得ますので、ご了承ください。)

 

13時30分~17時00分(開場13時)

 

13:00                     開場 

13:30~13:40        開会挨拶 

                                 一般財団法人  日本船舶技術研究協会  理事長             神林 伸光

 

                             来賓挨拶 

                                国土交通省 海事局 海洋・環境政策課長                    田淵 一浩 様

13:40~14:05        水中騒音に関する国際動向及び施策  

                                 国土交通省 海事局 海洋・環境政策課環境渉外室長    植村 忠之 様

14:05~14:30    水中騒音プロジェクトの概要

                                 国立大学法人 大阪大学大学院 工学研究科  

                                 地球総合工学専攻船舶海洋工学部門 教授                     梅田 直哉 様

14:30~14:35       質疑

 

14:35~14:45    休憩  

                                                             

14:45~15:10    船舶水中騒音の計測と数値シミュレーション  

                                 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 

                                 海上技術安全研究所 流体設計系長                      上入佐 光 様

15:10~15:35   プロペラキャビテーションに関するISO関係の取組み及びプロペラ業界への影響

                               ナカシマプロペラ株式会社 エンジニアリング本部プロペラ設計部

                               プロペラ・ポッド推進性能室 室長(主幹)                      蓮池 伸宏 様

15:35~15:40    質疑

 

15:40~15:50   休憩  

                                                                          

15:50~16:15   船舶放射雑音の伝搬シミュレーション手法と解析結果

                               国立研究開発法人 海洋研究開発機構  海洋工学センター 

                              海洋技術開発部  技術統括                                       土屋 利雄 様

16:15~16:40   船舶運航の水中生物への影響評価

                               国立研究開発法人 水産研究・教育機構 中央水産研究所 

                                海洋・生態系研究センター生態系モデルグループ  

                                                                                                  主任研究員  赤松 友成 様

16:40~16:45   質疑                                                             

 

16:45~16:55   一般財団法人 日本船舶技術研究協会の取り組み                           

                              一般財団法人 日本船舶技術研究協会  基準・規格グループ長  斎藤 英明

16:55~17:00   閉会挨拶

                              一般財団法人  日本船舶技術研究協会 常務理事                    三谷 泰久

 

閉会(17:00)

 

 

 お問い合わせ先:

     一般財団法人日本船舶技術研究協会 基準・規格グループ 基準ユニット 冨永、大野
         Tel: 03-5575-6427 Fax: 03-5114-8941 E-mail: regulation@jstra.jp

 

 

 

                                                                                  
 
 
 

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー