一般財団法人 日本船舶技術研究協会 [Japan Ship Technology Research Association] HOME ENGLISH

船技協について 活動紹介IMO/ISO/IEC 報告書/セミナー報告 お問い合わせ
HOME>
 

第 1 回 ISO/TC8 Secretaries' Workshop (船舶及び海洋技術専門委員会/

TC8 事務局ワークショップ)デルフト会議出席報告書

まえがき

 2016年6月15~16日にオランダ/デルフトに於いて、第 1 回 ISO/TC8 事務局ワークショップが開催されました。従来のTC8事務局会議はTC8総会の開催時に併催していますが(年1回開催)、2016年1月にISO/TC8 議長に就任した Yanqing Li 氏(中国)は事務局機能の強化を目指しており、年度途中に TC8 CSAG(TC8 議長諮問会議)と併催するTC8 事務局会議をTC8 Secretaries'Workshopと命名し、定期開催する意向を表明しました。TC8事務局会議及びTC8 Secretaries' Workshop とも、TC8 事務局及び TC8/SCs 事務局間での情報の把握・共有を目的に設置された会議であり、参加者はISO/TC8 議長、TC8 幹事及びTC8/SCs幹事に限定されています。
 日本としては、審議の透明性の維持及びTC8加盟国間の公平性を保つため、希望する参加者の出席を認めること、少なくとも審議結果はTC8総会等で報告することを継続して求めていますが、受け入れられておりません。
 今回の会議には以下のメンバーが出席しました。 

Yanqing Li 氏(TC8 Chairman/中国)、Jing Wang 氏(TC8 Secretary/中国)、Carolyn Junemann 氏(TC8/SC2 Secretary/米国)、長谷川幸生(TC8/SC6 Secretary/本会)、Maja Buntrock 氏(TC8/SC7Secretary/ドイツ)、Byeong-cheol Choi 氏(TC8/SC8 Secretary/韓国)、Feng Xuwen 氏(TC8/SC13Secretary)その他、6月15日はWebEX(電話会議)を利用して、Mr. Michael Blair 氏(TC8/SC1 Secretary/米国)、Thane Gilman 氏TC8/SC3 Secretary/米国)及び Roberto Ravaglia 氏(TC8/SC12 Secretary/イタリア)が参加しました。

 今次会合での討議結果等、この会議の詳細につきましては、当会会員専用ホームページ(http://www.jstra.jp/member/)をご参照ください。

 
 


一般財団法人日本船舶技術研究協会
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂4階・5階 / TEL:03-5575-6425 FAX:03-5114-8940
Copyright (C) Japan Ship Technology Research Association. All Rights Reserved. 
サイトマップ
プライバシーポリシー